水中ドローンパワーレイ 水中ドローンYOUTUBEチャンネル ご利用ガイド ご利用ガイド

商品検索

ウェーダーの選び方

カテゴリー

営業日カレンダー

2018年 4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
2018年 5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

休業日

ご利用ガイドを必ずご確認ください ご利用ガイドを必ずご確認ください 在庫有り表記について 在庫有り表記について
  1. ボートキス釣りを始めよう!フィッシング遊

キス:

一般的にキスと言えばシロギスを指します。 沿岸域の砂底付近(水深30mぐらいまで)に広く生息します。ゴカイなどを主食としており、 釣り入門の対象魚として人気が高いです。 群れで生息します。
外道として、メゴチ・ベラ(キュウセン)等も釣れます。 危険な外道として、ハオコゼも釣れる事が有るので、トゲに刺されないよう十分に注意しましょう。
お奨めの食べ方は、何と言っても天ぷら。 大型の物は、塩焼き、お刺身もいけます。

釣り場:

水深30mまでの砂地がメインフィールドとなります。障害物が点在する所なら、さらに狙い目です。 ピンポイントで大型を狙うなら、イカダや養殖イケスの係留ロープ際、 ビン玉付近の下など、障害物の下や近く。 エサとなるゴカイがカキガラ等に付くので、食物連鎖的にポイントを見極めると大型に 出会えるチャンスが増えます。

釣り方:

基本動作  エサの付け方 ゴカイが真っ直ぐになるようにエサを付けます。


キャスト 周りに注意して投げましょう。アンダーハンドキャストなら、安心


仕掛けの着底を待つ ラインの放出が止まったら着底です。
軽くスプールに手を添えて糸の出を調節しながら待つと、より着底が判りやすくなります。


誘い 基本はゆっくりと竿を上下させ、エサを漂わせることで、魚にエサの存在をアピールします。

アタリの出方 ブルブルと竿先が震える。 アワセる すかさず竿を鋭く、30cm程シャクってアワセます。

やり取りする 魚が掛かったら慌てず一定の速度でリールを巻いてやり取りします。

取り込む 一気にゴボウ抜きします。

針を外す 針を飲込む事が多いのでハリハズシを使用しましょう

収納する クーラーボックスへ。


広範囲を探るのが数を釣る為のコツとなるので、船が流れるなら流れに任せて、流れないなら軽くキャストして、できるだけ広く探ります。 仕掛けを着底させてから30~50cmぐらい竿先をゆっくり上下させ、エサを動かしてアタリを誘います。 キスは底付近に生息しているので、必要以上にエサを底から離さないようにしましょう。 オモリで底をトントンと数回叩いて砂煙を上げ魚を呼び、その中にゆっくりと竿を上げて誘うパターンも効果的です。エサを漂わせて喰わせるテクニックもあります。 船の流し方で釣り方、トラブルの回避のしかたが違ってきます。 取込の際にリールの巻き過ぎに注意しましょう。巻き過ぎると穂先を破損する恐れがあります。

ロッド:
竿の長さは1.8mを基本に、釣り座や船の大きさ、好みで長さを選びます。 竿の硬さについては、釣り場の水深等で使用するオモリが決まるので、オモリに合わせて選びます。 迷った場合は15号を選んでおけば広範囲に使用できるでしょう。 穂先が有る程度柔らかければどんな竿でも流用可能ですが、扱いやすさを考慮するなら専用ロッドがお勧めです。 穂先の素材は、喰い込み重視ならグラスソリッド、感度重視ならカーボンソリッドがおすすめです。 穂先のガイドに関しては、PEラインが絡みにくい物がおすすめです。
リール:
PEラインの1号が100m以上巻ければ十分です。 8~20号のオモリを使用する事を考慮して、リールのギア比はノーマルギアがおすすめです。
ライン:
感度の面からPEラインがおすすめです。ラインの太さに関しては、釣りやすさや感度重視なら細めの0.6号ぐらいから、強度重視の1号ぐらいまで。
リーダー:
PEの道糸を使用する場合、エサ付けや取り込み時のラインの穂先絡み対策として、リーダーを付けるとやりやすいです。
テンビン:
弓型のキス用天秤、10~15cmが基本です。 アタリの感度に拘るなら、遊動タイプや中通しタイプの選択もアリです。 弓型天秤のバネ効果は、喰い込みと反動でのアワセ効果も期待できます。
オモリ:
六角オモリやナス型オモリの8~20号ぐらいを水深によって使い分けします。
仕掛け:
針のサイズは9号をメインに、ハリスは1.5号前後を使用します。仕掛け全長は、船上での扱いやすさを考慮して1m前後。針数は2~3本ですが、2本の方が扱いやすいです。 針については、ケン付きの物はエサがズレにくくなります。競技系の針は掛りが良いです。 仕掛けに使われているビーズ等の飾りについては、魚へのアピールが強くなりますが、エサ取りを呼び寄せる事にもなりますので、状況により飾りの多い少ないを使い分けましょう。 胴突きタイプのキス仕掛けを使用する場合は、天秤は不要となります。
エサ:
一般的に石ゴカイを使用します。 エサ付けの際に滑り止めとして、石粉などが有れば便利です。
便利グッズ:

ラインカッター・ハサミ

プライヤー

針外し

針を飲込まれることが多々あるので、針外しは必携です。

メゴチバサミ

危険な外道や、ヌメヌメの外道が釣れた時に直接魚を触らずに済みます。

イソメつかみ

直接エサを触りたくない人にはおすすめです。

タオル

釣った後、色々拭きます。

エサ箱

ゴカイの保存力としては、木製エサ箱がおすすめ、使用中に湿らせておけばエサがより長持ちします。

竿受け

釣れた魚を外したり、エサを付ける際に、竿を固定しておくと作業がしやすくなります。

クーラーボックス

携帯性の良いサイズで、投入口が有る物ならなお便利です。
ウェア:

帽子:

熱射病対策、陽射しから目を守るために必要です。

サングラス:

視認性を高めるため、また安全のためにも必要。

ライフジャケット:

安全の為に、ライフジャケットは必ず着用しましょう。船釣りでは国土交通省形式承認(タイプAの着用が義務化されています。)

レインウェア:

波しぶき、雨除けに必要です。

シューズ:

船上での安全性を考慮して、デッキソールのブーツ、シューズを着用しましょう。

楽しい美味しいキス釣りにチャレンジ!

キス釣りのリール キス釣りのライン ボートキス釣りの竿 ボートキスの仕掛け ボートキスのテンビン ボートキスのオモリ 帽子・キャップ 船キス釣りの服装 サングラス ライフジャケット カッパ・レインウェア デッキシューズ ボートキス釣りにあると便利なグッズ
オススメリンク

※リンク先は外部サイトになります。